ディスカバリーネットで小遣い稼ぎ
ブログを見ればわかりますよw リンクはフリーです。


プロフィール

匿名希望w

Author:匿名希望w
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


役立つツール
とりあえず、前回やりたかった、ツール紹介をしたいとおもいます。
ツールは2種類あります。
キーワードアドバイスツールプラス

私は、ここをよく使っています。

使い方は、今考えているメインキーワードを入力欄に入力して、ボタンをクリック!すると、下の方に調査結果が表示されるはずです。
結果

【キーワード】
実際に入力されたキーワードが表示されます。サブキーワードがある場合は、その組み合わせごとに表示されます。検索に使用されたキーワードは、ワードごとにスペースで区切られています。

【月間検索回数】
これは、過去1ヶ月でそれぞれのキーワードの組み合わせでどれくらいの検索があったかを表しています。検索回数の多い順に表示されます。

【検索結果】
GoogleとYahooの2つの検索サイトでの検索結果として対象件数が表示されます。この数字をクリックすると、実際の検索結果画面が表示されます。

【KEIキーワード有効指数】
「月間検索回数の2乗 ÷ 結果件数」で計算される数値で、この値が大きいほどねらい目のキーワードになります。前回も話したとおり、検索回数に対して検索結果の少ないキーワードは、求められるキーワードでありながらライバルが少ないため、より上位に表示される可能性を秘めています。この数値はそれを表しているんですね。

これはGoogleをベースに調査しているようなので、Yahooだとまた変わってくるかもしれませんが、大体似ています。

Google AdWords キーワードアドバイス
このツールの説明は準備中です

以上二つのツールでキーワードを効率よく探しましょう。
あ、言い忘れていましたが、類義語という、似たような言葉をさがして、それをキーワードにするのも有効です。

では、また次回お会いしましょう。(´ー`)/~~
スポンサーサイト

最適化しよう②
みなさんは、検索するときに単語はいくつ使っていますか?
ほとんどのかたは二つ以上単語をつなげて検索していると思います。
たとえば、ネットビジネスのディスカバリーネットを探すときに、
ネットビジネスと検索して探してみましょう。
・・・・・・・まず無理にですね。
なぜなら、これを見れば分かります。

Yahoo!でネットビジネスっと検索したところ・・・・
約6,570,000件がヒットしました

Googleでネットビジネスっと検索したところ・・・・
約4,480,000件がヒットしました

この検索結果から、ディスカバリーネットを探すなど、無理ですよね。

だから、複数単語で検索するんです
例えば
「ネットビジネス ディスカバリーネット」で検索するとか・・・・
ちなみに、「ネットビジネス ディスカバリーネット」で検索したところ・・・・

Yahoo!
約84,500件ヒットしました

Google
約111,000件ヒットしました

他にも、キーワードを絞って「ディスカバリーネット」っと検索すると・・・

Yahoo!
約196,000件ヒットしました

Google
約241,000件ヒットしました

これで分かったと思いますが、このように、複数単語で検索するとより、確実に自分の求めている情報が手に入るのです。
また、キーワードを絞る事も、同じような効果が期待できる。

このことから、SEOでキーワードを選ぶときは、複数の単語を選ぶ、または、キーワードを絞る。
※あと、絞るって意味が分からない方は続きを読むにそのことについて書いておくので、良ければ呼んでください
さて、長くなったので、残りは次にしたいと思います。
...read more

最適化しよう①
とりあえず、今回は、ターゲットキーワードを選びましょう。
○ターゲットキーワードの選び方
検索エンジンで多くの人に自分のHP(ブログ)を見つけてもらうためには、

  • ユーザーがどんなキーワードで検索するかを知る
  • そのキーワードで検索した時に、自分のサイトがより上位に表示されるように検索エンジンに評価してもらう

この二つが今回重要になってきます。
ちなみに、今回は一番上だけ特集します。

自分のサイトテーマをはっきりさせる。


まず、サイトを作っている自分がどういうテーマでサイトを作っているか自覚することが大切になってきます。そして、テーマからキーワードを考えていきます。
あまり欲張って、色々と手を広げてしまうとテーマがぼやけてしまい各テーマのキーワードの意味合いが薄くなり評価が下がってしまいます。
逆に、キーワードを厳選しすぎると、同じくアクセスはあがりません。

っということは、テーマ自体はある程度メジャーでありながら専門的な内容の方がいいと思います。

キーワードの選び方?


とりあえず、テーマがはっきりしたところで、そのテーマをどのようにキーワードで表現していくかです。キーワードは多すぎてもダメです。
逆に少なすぎてもダメです。

とりあえず、次にまわします、では|Д´)/~~

検索エンジン最適化~
今回から、カテゴリをSEOに移すことにしました。
ちなみに、SEOというのはSearch Engine Optimizationのかしら文字を取ってSEOと読む。他にも、検索エンジン最適化やサーチエンジン最適化などという呼ばれ方もある。

このブログでは、最適化の対象をGoogleにします。
まず、自分のページが検索エンジンで何位に表示されるかをしらべましょう。ほとんどのユーザーは大体、検索結果の1~3ページまでしか見ないと思います。なので、一ページ10件で計算すると・・・・
30位以上に入っていればいいことになります。
その順位を調べるツールを使って簡単に調べましょう。
●検索キーワードチェックツール

とりあえず、このツールは、自分のHPのURLを入力して、キーワードを入力すると、自分が検索エンジンの何位にランクインしているかが分かります。30位より上にランクインしていたらユーザーに見てもらえる可能性が高まります。ですが、HPを建てたはじめのころは大体ランクインしていないでしょう。それは、前回言ったように、他のHPからのリンクが少ないからです。

んで、どうするかというと、
①ターゲットキーワードを決めます
このターゲットキーワードで検索されたら、このHPが掛かるようにがんばります。でも、希望通りになるわけではないんだけどね(・ε・;)
私は「ディスカバリーネット」と「小遣い稼ぎ」が希望ですね・・・

②キーワードを意識したサイトの最適化
とりあえず、自分のサイトを表すキーワードが何であるかを決定するのは検索エンジンです。なので、希望通りにならないのは当たり前です。
でも、掛かってくれるだけ、私はいいと思います(苦笑
ですが、検索エンジンのキーワード判断基準を意識してサイトの構成をすれば、こちらの意図したキーワードで登録してくれます。

③上位表示を目指す
希望通りのキーワードで検索されても、上位の表示されなければユーザーは見てくれません。そこで最後にするのが上位表示のための最適化です。検索エンジンはユーザーの求める情報の中で、もっとも有効だろうと判断したページから提供していこうとします。この「有効だろう」の基準により合うようにサイトを構成できたら、当然上位表示されるはずです。これが上位表示への最適化です。

これら三つのことを最適化すれば、あなたのHPもきっと・・・・

次からは、検索エンジン対策(SEO)の三つのことを取りあげたいと思います。ではまた次回|Д`)/~~




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。